落葉広葉樹における光合成特性の解明

落葉広葉樹における光合成特性の解明

課題番号1994004355
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題樹木の成長と環境適応性の解明
小課題落葉広葉樹における光合成特性の解明
摘要高樹高になる樹木におけるガス交換速度に及ぼす水ストレスの影響を解明する。高樹高になることは植物群落において光の獲得に有利である反面、水分や養分を取り込む器官である根と蒸散によって水分を大気に放出する器官でもある葉の高さ位置が、ほかの植物に比べ著しく違うことになり、乾燥立地でなくとも大きな水ストレスを日常受けている。このような樹木の特徴を本課題ではブナ、イヌブナなどを用いて明らかにする。なお、本課題は、平成5年度までの「落葉広葉樹の実生稚樹における光合成特性の解明」の成果を受け、内容を拡張した課題である。
研究分担森林環境・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat