大気地表層におけるCO2濃度の変動観測

大気地表層におけるCO2濃度の変動観測

課題番号1994004366
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題森林群落に及ぼす環境変動影響の解明
小課題大気地表層におけるCO2濃度の変動観測
摘要CO2ガスは植物の光合成を行うための基質である。大気中のCO2濃度は産業革命当時およそ280ppmvであったが、現在は350ppmvを越え、年々1.2ppmv程度上昇している。したがって、植物が成育している地表層における大気のCO2濃度もかなり高い濃度に達していると思われるが、定点で長期間の観測資料は見あたらない。そこで、本課題では、平成元年から森林総合研究所において連続観測しているデータの解析および観測の継続を行うとともに、森林地域における観測地点を増設し、実態の解明を進める。森林地域でのCO2濃度の長期連続観測にはDC電源で駆動するCO2濃度変動観測装置の整備が不可欠である。
研究分担森林環境・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040945
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat