森林災害の予測手法の改善(129)

森林災害の予測手法の改善(129)

課題番号1994004395
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題森林の水土保全・防災機能の維持・増進技術の高度化
大課題森林の環境保全機能の解明と森林災害防止技術の向上
中課題森林の気象被害発生予察法及び被害防止技術の改善
小課題森林災害の予測手法の改善(129)
摘要スギの凍害及び寒風害について既存の資料・成果を収集・分析し、地域別に集計して考察した。凍害の1975年までの文献数は、北海道のものが圧倒的に多く、また東北・中部地方のような寒冷な地域でも、研究の手薄な地域があることがうかがえた。凍害・寒風害の発生しやすい地形的要因について検討すると、地形の凹凸と凍害・寒風害の発生のしやすさに関しては地域差が少なく、一方で斜面方位とに関しては地域差がみられた。これらの地域差をもたらす要因を明らかにするためには、局地的な積雪深、土壌凍結深、主風向などの気象要因をさらに検討する必要がある。
研究分担森林環境・林災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040974
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat