関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(233)

関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(233)

課題番号1994004426
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H09
年度1994
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林微生物の特性及び機能の解明と制御技術の開発
中課題森林微生物制御技術の開発
小課題関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(233)
摘要サクラ幼果菌核病は多摩森林科学園において大発生し問題になっている。この病害の発生生態については1985年頃ひととうり研究され、防除にはベノミル剤が有効であることが明らかにされひとまず決着を見た。しかしその後ベノミル剤に対する耐性菌が出現したためか、ベノミル剤による防除が困難になってきた。果樹類のモニリア病、灰星病に有効とされている薬剤8種を選び、サクラ幼果菌核病菌の分生子に対する発芽阻害の有無で効果を検定した。その結果、スペックス(ジラム、チウラム、フェナリモルの混合剤)、プルーク(ジラム、チウラム、トリフルミゾール混合剤)、ベフラン(イミノクタジン酢酸塩)がコントロールに比べ発芽を抑えた。なお本課題は関東中部課題(6−3−1)を構成する。
研究分担森林生物・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat