菌根菌の接種・感染及び定着技術技術の開発

菌根菌の接種・感染及び定着技術技術の開発

課題番号1994004435
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H07
年度1994
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林微生物の特性及び機能の解明と制御技術の開発
中課題森林微生物制御技術の開発
小課題菌根菌の接種・感染及び定着技術技術の開発
摘要荒廃立地から有用菌を得て増殖を図るため鹿児島県桜島、滋賀県田上山、福島県磐梯山、愛知県雨生山、茨城県小川学術参考林などにおいて菌根菌の収集と宿主との親和性や生態を、またVAM菌の収集を鹿児島県桜島で行った。1)裸地生息性及び森林生息性外生菌根菌を収集し分離、培養を行った。重点的にコツブタケの3品種の生理的性質、分布を明らかにした。Cenococcum geophyllum の菌核形成とその観察を行い耐乾燥性の点で有用菌といえた。2)桜島のススキ生育土壌からVAM菌Glomus spを増殖した。本菌は火山灰土のような酸性で有機物が少なくても胞子生産が可能であった。
研究分担森林生物・土微研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041014
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat