クモ類の生態と役割評価(79)

クモ類の生態と役割評価(79)

課題番号1994004442
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林動物の生態系における特性と機能の解明
中課題森林動物の分類と生理・生態の解明
小課題クモ類の生態と役割評価(79)
摘要笠間(DBH約20cm)、千代田大(DBH約25cm)および千代田小(DBH約8cm)のスギ林において、バンド法およびビーティングによりクモ類群集の調査を行った。各調査地の総個体数はバンド法、ビーティングともに千代田大、千代田小、笠間の順に多かった。個体数の季節変動は、バンド法ではどの調査地でも3月に多く4月以降は激減し、ビーティングではどの調査地でも8〜9月にかけて個体数が増加した。科ごとの個体数は、バンド法では、笠間でタナグモ科、イヅツグモ科が多く、千代田大および千代田小でフクログモ科、イヅツグモ科が多かった。ビーティングでは笠間でヒメグモ科、サラグモ科、アシナガグモ科、千代田大でヒメグモ科、ハグモ科、千代田小でヒメグモ科、コガネグモ科、アシナガグモ科が多かった。
研究分担森林生物・昆虫管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat