松くい虫被害林の遷移の解明と健全性向上技術の開発(273)

松くい虫被害林の遷移の解明と健全性向上技術の開発(273)

課題番号1994004490
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林生物管理技術の高度化
中課題森林病虫獣管理技術の体系化
小課題松くい虫被害林の遷移の解明と健全性向上技術の開発(273)
摘要通常の保育管理や枯損木の処理によって密度が正常に減少した林分と、被害によって異常に本数が減少した林分とを比較するため、上層樹高と健全木の胸高断面積合計との関係を検討した。被害を受けた林分は上層樹高に対して胸高断面積合計が著しく低く示された。被害度の計算は林分収穫表や密度管理図からRy(収量比数)を計算しても求められるが、断面積合計を用いる方が単純であり、実用的である。つくば地区で植生調査を行った結果、落葉掻きを行った林分では、ウド、アマドコロ、ススキ、ナワシロイチゴなどが増加する傾向にあり、放置林分では遷移の進行により、シラカシ、ヒサカキ、エゴノキが増加する傾向が認められた。
研究分担森林環境・種生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041069
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat