レキ材の粒度組成と拘束条件の改善による林道路面の保全

レキ材の粒度組成と拘束条件の改善による林道路面の保全

課題番号1994004530
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題機械作業システムの確立と森林路網の計画・施工技術の高度化
中課題森林路網の計画及び施工技術の高度化
小課題レキ材の粒度組成と拘束条件の改善による林道路面の保全
摘要近年、水土保全上、縦断勾配の大きな林道路面を舗装する場合があるが、林業用林道は基本的に砂利道である。砂利道を施工、管理する工法として路盤工がある。しかし、設計・施工規準には具体性がない上に、合理的な根拠に乏しい。本研究は、路盤材としてのレキ材が、力学的に最も大きな値を示すときの締固め条件を明らかにし、路床でこの条件で締固め、繰り返し載荷を行った後においても最大強度を維持出来る拘束条件の改善について検討する。また、成果を現場へ適用させるための検討も行う。
研究分担生産技術・林道研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041109
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat