振動・騒音・排気ガスの分析(196)

振動・騒音・排気ガスの分析(196)

課題番号1994004534
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題林業機械及び装置の開発・改良
中課題造林機械の開発・改良
小課題振動・騒音・排気ガスの分析(196)
摘要H社において試作された高濃度THC測定装置と従来形の4成分排ガス分析装置、動力計、燃料消費計等から構成される排ガス測定システムによって、マフラー内に触媒を挿入した場合の排ガス成分の変化および影響を検討した。また陸用内燃機関協会の協力により、排ガス規制に関する諸外国の動向および資料の収集を行った。機械化協会測定室に設置した振動騒音測定システムの動作確認を行い、従来形のセンサー部分および周波数分析器にマッチングさせるためプログラムの改良を行い新システムを完成させた。これにより測定およびデータ処理時間の短縮と、取得・公開データの信頼性が著しく向上した。また誤操作防止のためオペレーティングの簡素化を図るとともに、プログラムのフローチャートおよび操作マニュアルを作成した。
研究分担生産技術・造機研伐機研労働研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat