森林変化の要因分析と予測分析システムの開発

森林変化の要因分析と予測分析システムの開発

課題番号1994004543
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題森林の総合的利用計画方式と持続的林業経営管理方式の確立
大課題森林の多面的機能を重視した資源管理技術の高度化
中課題森林資源観測とモニタリング技術の高度化
小課題森林変化の要因分析と予測分析システムの開発
摘要GISを用いて衛星リモートセンシングによるモニタリング結果と既存の主題図および諸統計等の統合化を図る。また、これらデータ間の関連分析を行って森林変化の要因分析アルゴリズムおよび森林変化予測システムを開発する。この研究によって開発する要因分析アルゴリズムと森林変化予測システムは、森林変化の原因を特定するとともに、あるインパクトに対してどういった森林変化が起こるのかを予測できる。このシステムは森林情報の整備が十分でない、発展途上国の森林管理に有効と思われる。〔研究計画〕(6年度)衛星データと地図データの統合化.(7、8年度)要因分析アルゴリズムの開発.(9、10年度)森林変化予測システムの開発.
研究分担林業経営・探査研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041122
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat