生物活性と立体構造の相関(740)

生物活性と立体構造の相関(740)

課題番号1994004591
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題樹木成分の高度利用技術の開発
中課題樹木抽出成分の特性解明と利用開発
小課題生物活性と立体構造の相関(740)
摘要4年度までに、トリテルペンの1つHydroxydamarenone−IIの還元による立体構造の異なる2つのアルコール(α体、β体)の生成について、反応条件及び分離条件を微量のスケールで検討したので、5年度はそれをもとにα体・β体の分離精製を行い、各々単品で得た。分取はHPLCを用い、逆相系ODSカラム、MeOH/H2O=9/1で行った。単品で得られたα体・β体各々について、各種NMRスペクトル、Massスペクトルを測定した。また今後の研究に用いる原料のHydroxydamarenone−IIを得るため、マレーシア産クルイン材のベンゼン抽出物(混合物)から、カラムクロマトグラフィー、再結晶を繰り返して、Hydroxydamarenone−IIを精製した。
研究分担木材化工・成分研抽出研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041170
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat