黒心化原因成分の構造および黒心化反応機構の解明(743)

黒心化原因成分の構造および黒心化反応機構の解明(743)

課題番号1994004592
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題樹木成分の高度利用技術の開発
中課題樹木抽出成分の特性解明と利用開発
小課題黒心化原因成分の構造および黒心化反応機構の解明(743)
摘要黒心材では、本来赤心と同様のフェノール成分が存在していたものが、何らかの理由で変質を受け高分子の暗色成分になるものと考えられるため、前駆体と考えられる成分の単離を試みた。アセチル化後のシリカゲルでの分離では、目的物質の同定が困難であったが、コスモシールODS18カラムを用いることにより、変色しやすい目的成分が得られた。この過程で得られたスギレジノールおよびヒドロキシスギレジノールのNMRによる完全帰属を行った。黒心材から水溶性の暗色高分子成分を単離し、ポリビニルポリピロリドン(PVP)カラムにより吸着部と非吸着部に分離した。吸着部のIRスペクトルから水酸基を有するフェノール性の高分子物質であると推定した。
研究分担木材化工・抽出研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041171
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat