化学修飾による高耐久性・高性能木質材料の創製

化学修飾による高耐久性・高性能木質材料の創製

課題番号1994004622
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題木材の材質改良技術の開発
中課題木質材料の耐候処理技術の開発
小課題化学修飾による高耐久性・高性能木質材料の創製
摘要マカンバ脱脂木粉を種々の程度にアセチル化し、微粉化した後DMSOに加熱か撹拌して溶解し、可溶部を回収、メタノールに析出後ろ別した。これを重DMSOを溶媒としてMNR測定し、置換アセチル基の分布を解析した。単離キシランのアセチル化物、セルロースアセテートのスペクトルや文献を参照して、得られたシグナルの帰属を行った。キシランのC2位の水酸基は低い重量増加率で容易にアセチル化された。キシランのC3位およびセルロースの水酸基の置換は重量増加率の増加とともに進行した。低い重量増加率ではセルロースの1および2置換体が主に得られ、重量増加率とともに3置換体が増加した。
研究分担木材化工・耐候研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041201
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat