東アジア産バラ科の木材組織(606)

東アジア産バラ科の木材組織(606)

課題番号1994004628
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木材特性の解明
中課題樹種識別拠点の組織学的解明
小課題東アジア産バラ科の木材組織(606)
摘要日本産バラ科サクラ属のうち14種15標本について、横断面における道管分布の定量的な解析を行った。各標本について、年輪界と年輪の中間部分のそれぞれ1断面について画像解析をおこない、管孔の平均断面積、管孔密度、管孔占有面積比、複合管孔比を算出し、比較した。その結果、スモモ亜属およびモモ亜属の半環孔材では、年輪の終わりでは管孔断面積が3分の1以下で、密度が1.5倍以上となること、ウワミズザクラ亜属では比較的大型の管孔がまばらに散在していること、ヤマザクラはもっとも大型の道管をもち、年輪の中間で密度を増すことなど、樹種ごとの木材構造をある程度定量的に表現することができた。
研究分担東北木材利用・組織研(支所長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041207
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat