帯鋸腰入れ技術のデータベース化

帯鋸腰入れ技術のデータベース化

課題番号1994004651
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木材の加工技術の改良・開発
中課題製材における生産管理・加工技術の高度化
小課題帯鋸腰入れ技術のデータベース化
摘要最近、コンピュータ制御による自動製材機械の開発が急速に進みつつあり、製材生産の統括的コンピュータ制御システムの開発も夢ではなくなってきている。一方、帯鋸の腰入れは依然として職人芸的な熟練技術に頼っているのが現状であり、熟練技術を有する目立て士は高齢化し、後継者不足が深刻な問題になってきている。こうした背景から、コンピュータ制御などによる自動腰入れ機械の開発が焦眉の課題となってきている。自動腰入れ機械を開発するためには、腰入れに関する技術を定量的に表したデータのデータベースを構築し、これに基づいてコンピュータ等により機械をコントロールする必要がある。このための基礎資料として、本研究では帯鋸の腰入れに関する技術データの定量化とデータベース化を図る。
研究分担木材利用・製材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041230
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat