スギ正角の曲げおよび縦圧縮強度性能に及ぼす含水率の影響

スギ正角の曲げおよび縦圧縮強度性能に及ぼす含水率の影響

課題番号1994004665
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木質材料の性能評価及び利用技術の開発
中課題木質材料の強度性能の評価
小課題スギ正角の曲げおよび縦圧縮強度性能に及ぼす含水率の影響
摘要近年、実大材の強度データが蓄積されつつある中で、強度性能に及ぼす含水率の影響は、実大材では、無欠点小試験体の場合と同様ではなく、より小さいことが知られてきている。そこで、構造用材として最も一般的な樹種・材種であるスギ正角について、強度性能に及ぼす含水率の影響を明らかにする。スギ正角を供試材として、生材時の曲げヤング係数の平均値と分散が等しくなるように3グループに分別し、それぞれ生材、含水率15%、含水率22%の水分条件で曲げ、および縦圧縮強度試験を行う。その結果、含水率変化1%あたりの曲げヤング係数、曲げ破壊係数、縦圧縮強度の変化率を求め、これらの強度性能に及ぼす含水率の影響を明らかにする。
研究分担木材利用・材料研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041244
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat