スギ中径木から得られた厚板の強度性能の評価

スギ中径木から得られた厚板の強度性能の評価

課題番号1994004667
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木質材料の性能評価及び利用技術の開発
中課題木質材料の強度性能の評価
小課題スギ中径木から得られた厚板の強度性能の評価
摘要わが国の針葉樹人工林は蓄積が増加し主伐期を迎えつつあるが、原木径が約18〜28cm程度の中径木の有効利用および利用拡大が大きな問題となっている。そこで、針葉樹中径木を住宅用構造部材として利用する場合に問題となる強度性能等を解明するため、主として、最も主要な樹種であるスギの中径木から製材した厚板について、以下4項目の検討を行う。■曲げ・縦圧縮・縦引張りヤング係数および強度に及ぼす含水率の影響、■縦圧縮・縦引張り強度に及ぼす材長の影響、■曲げ・縦圧縮・縦引張り強度の縦振動法・たわみ振動法による非破壊的評価、■曲げ強度性能に及ぼす荷重条件の影響。
研究分担木材利用・材料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041246
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat