スギの色素,形態形質の遺伝子分析(804)

スギの色素,形態形質の遺伝子分析(804)

課題番号1994004682
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S41〜H07
年度1994
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題森林遺伝資源の評価・保全と利用技術の開発
中課題林木諸形質の遺伝様式と連鎖の解明
小課題スギの色素,形態形質の遺伝子分析(804)
摘要淡緑葉をヘテロで保有している2個体、白緑葉を保有している1個体、冬季緑を保有している2個体をそれぞれ見つけた。lg−1と同一個体を1つ、vi−1を3個体、dw−2を1個体を見つけた。園芸品種についての形態変異の遺伝解析では、ウンリュウ、ジンダイ、マンダイ、クサリスギは優性遺伝子支配であるが、1個以上の遺伝子支配らしい。非ヨレと部分矮性は劣性らしいが遺伝子支配は不明。園芸品種の増子morは2個の共優性支配であることが明かとなった。これまで淡緑葉の遺伝子は6つ見つけられているが、大井10が保有する遺伝子は既知の遺伝子と異なることが判った。
研究分担生物機能・遺伝分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041261
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat