遺伝的側面からみた落葉広葉樹林の内部構造の解析(814)

遺伝的側面からみた落葉広葉樹林の内部構造の解析(814)

課題番号1994004690
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H07
年度1994
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題森林遺伝資源の評価・保全と利用技術の開発
中課題森林生態系における林木集団の遺伝的分化と適応性の解明
小課題遺伝的側面からみた落葉広葉樹林の内部構造の解析(814)
摘要小川学術参考保護林内に生育し、開花可能サイズに達しているブナを対象に、個体識別のための遺伝マーカーを探索する。多型性の高いDNAマーカーであるRAPDを利用する。スクリーニングの為に、ブナ117個体から、全DNAを抽出し、合計96のプライマーを用いてPCR反応を行った。その結果、バンド数が少なく、かつ鮮明な泳動像が得られた19個のプライマーを用いたRAPDマーカーが利用可能であることが明らかになった。
研究分担生物機能・遺伝分析研集団遺伝研生態遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat