遺伝子保存のための天然林調査−コナラ、ミズナラ、カシワの遺伝変異(818)

遺伝子保存のための天然林調査−コナラ、ミズナラ、カシワの遺伝変異(818)

課題番号1994004694
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H09
年度1994
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題森林遺伝資源の評価・保全と利用技術の開発
中課題遺伝資源保全のための森林植物の類縁関係及び特性の解明
小課題遺伝子保存のための天然林調査−コナラ、ミズナラ、カシワの遺伝変異(818)
摘要小川学術参考保護林内のコナラ集団と、その近隣の二次林内のコナラ集団およびミズナラ集団より、各集団あたり40以上の個体ごとに葉、枝および冬芽を採取し、アイソザイム分析を行った。調べた12酵素種のうち8酵素種で多型が認められた。現在までに解析した3酵素種の対立遺伝子頻度の頻度分布はいずれも各集団間で大きな差は認められず、両集団のコナラおよび二次林内のコナラとミズナラはいずれも同様の遺伝的変異を持つことが推定された。また、各遺伝子座ごとに推定された近交係数は、平均−0.058〜−0.078と非常に低い値を示し、いずれも任意交配が行われていることが推定された。
研究分担生物機能・集団遺伝研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041273
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat