林木培養組織のカプセル化と長期保存法の開発(763)

林木培養組織のカプセル化と長期保存法の開発(763)

課題番号1994004707
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題林木の生理機能の解明と生物工学的利用法の開発
中課題林木の組織培養法の開発
小課題林木培養組織のカプセル化と長期保存法の開発(763)
摘要植物組織の超低温保存のために有効な前処理として、1)組織の脱水や乾燥、2)アブサイシン酸を加えた培地での前培養、3)植物体を予め低温に慣らしておくこと、等が知られている。また冷却の際には、凍結保護液(凍害防御剤)の使用や温度を徐々に下げることがよいといわれている。今年度は、これらの種々の条件を組み合わせて、プログラムフリーザーを用いて冷却速度を制御し、培養組織が生き残る条件を探した。その結果、頂芽と腋芽は、どの樹種でも、調べたどの条件においても、−40℃に冷却後3日間の培養で褐変した。しかし、シラカンバの根端は−40℃に冷却・解凍後10日間寒天培地で培養しても変化はみられず、細胞の構造も正常であることがわかった。
研究分担生物機能・培養研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041286
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat