間伐様式に対する成長反応の解明(345)

間伐様式に対する成長反応の解明(345)

課題番号1994004765
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S55〜H06
年度1994
研究問題北方系森林の高度に自然力を活用した管理技術の確立
大課題北方系森林の多様性及び動態の解明と更新・保育技術の向上
中課題北方系樹種の更新・保育技術の向上
小課題間伐様式に対する成長反応の解明(345)
摘要道内営林(支)局では林野庁指示の共通技術開発課題「人工林を針広混交複層林へ誘導する施業体系の確立」を進めている。造林研究室ではこの課題推進に協力している。その一環として各営林(支)局で高齢人工林に存在する孔状地で稚樹の更新状況の調査を行った。各調査地において、林班名・樹種・地拵方法・植栽時期・植栽本数・保育・間伐の記録の確認、20×10mの標準地の設定、毎木調査、下層植生の記載、孔状地のサイズ・立地・発生時期等の記載、孔状地内の稚樹調査、稚樹の母樹と考えられる個体の位置記載を実施した。これらについて統一した野帳を作成して調査担当者に渡して資料を収集した。
研究分担北海道・造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat