北方広葉樹林の更新過程に関わる昆虫及び病害微生物の影響評価と制御

北方広葉樹林の更新過程に関わる昆虫及び病害微生物の影響評価と制御

課題番号1994004787
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H07
年度1994
研究問題北方系森林の高度に自然力を活用した管理技術の確立
大課題北方系森林の生物被害回避及び生物管理技術の改善
中課題森林昆虫の管理技術の改善
小課題北方広葉樹林の更新過程に関わる昆虫及び病害微生物の影響評価と制御
摘要実生に対する昆虫の加害状況と同種の上木の関係をイタヤカエデとヤチダモについて調査した。その結果イタヤカエデの当年実生を加害したのは、主にイタヤハムシであり6−7月の食葉率と年内の死亡率には明らかな正の関係が認められ、食害は大きいほど死亡率が高くなることがわかった。イタヤカエデの実生の秋までの生残率をみると、上木に同種木がある場合は、無い場合にくらべて明らかに食害程度が高く生残数が減少する傾向が認められた。ヤチダモの稚樹はアブラムシの加害により、枯死したり上半枯れを起こすものがあることがわかった。枯死は萎凋症状にともなって起るこり、萎凋した稚樹からは何種類かの微生物が検出されたが、いずれも枯死の原因とは考えられないものであった。アオダモ稚樹は、明らかに上木から離れるにつれて、アブラムシのゴール発生が減少することがわかった。
研究分担北海道・昆虫研樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041366
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat