野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(339)

野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(339)

課題番号1994004793
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題北方系森林の高度に自然力を活用した管理技術の確立
大課題北方系森林の生物被害回避及び生物管理技術の改善
中課題森林病害回避技術の改善
小課題野鼠食害痕からの腐朽・変色被害の実態解明(339)
摘要カラマツ野鼠食害木を地上から30cmおきに円板を採取して、円板の断面積と腐朽・変色の割合および腐朽到達高の関係を測定した。腐朽の見られる割合が高い採取地と、半分ほどの採取地があり、地域によって傾向に違いが見られた。ほとんどの円板でその断面積に腐朽・変色が占める割合は20%未満で、食害部周辺のごく狭い範囲に限られていた。食害後5年以下では腐朽到達高30cm以下が多く、6年以上でも到達高は60cm以下がほとんどで、経過年数が増加してもこの傾向は変わらなかった。しかし例外も見られ、これは腐朽菌の種類の差によるものと思われる。今後、腐朽・変色材の元素分析のためにエネルギー分散型X線分析装置が必要である。
研究分担北海道・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat