人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準(351)

人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準(351)

課題番号1994004834
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題多雪・寒冷地帯の森林保全技術及び林業経営技術の体系化
大課題多雪・寒冷地帯の森林・林業経営技術の高度化
中課題森林資源管理手法の開発
小課題人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準(351)
摘要人工林収穫試験地30年間の膨大な定期測定データの整理を行い、パソコンによるデータベース化への適正化作業を行った。このデータベース化により現存する収穫試験地の林況把握が的確になるばかりか、施業経歴による林分成長の反応特性なども捉えられた。
研究分担東北・広葉樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat