松くい虫個体群動態とマツ枯損の疫学的解明(493)

松くい虫個体群動態とマツ枯損の疫学的解明(493)

課題番号1994004904
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S00〜S00
年度1994
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題多様な保続的林業経営と施業技術の体系化
中課題森林の生物害管理技術の高度化
小課題松くい虫個体群動態とマツ枯損の疫学的解明(493)
摘要松くい虫によるマツ枯損多発の要因を疫学的に解明するため、12年間調査されているマツノマダラカミキリ強制産卵木と搬入被害木からの脱出消長調査を継続するほか、脱出消長の年次変動と平均気温等の気象条件の関係を解析する。本年度の脱出消長は、12年の調査の中ではやや遅れる傾向だったが、冷夏だったにしては、際だって遅いわけではなかった。また、昨年度求めた5月11日までの有効積算温量に対する10%脱出日の回帰式に今年度の結果をあてはめたところ、回帰直線によくのっていた。異常な低温降雨期は脱出後成虫の繁殖活動の最盛期と重なり、気象が繁殖阻害要因となりうる。そのため、来年度の枯損被害及びマダラカミキリ個体群の発生量が注目される。
研究分担関西森林生物・昆虫研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat