人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究

人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究

課題番号1994004912
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H06
年度1994
研究問題先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立
大課題多様な保続的林業経営と施業技術の体系化
中課題保続的林業経営方式の体系化
小課題人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究
摘要関西支所管内に設置されている4箇所の新設収穫試験地について過去の施業履歴、測定データ、および近年の定期調査の労務実態などから各試験地がもつ管理上の問題点および諸被害の受災歴について整理を行った。また、4箇所の収穫試験地の林分調査データから、定期調査時ごとに相対幹距と収量比数の関係式を求めた。次に、平均直径、胸高断面積、材積などの5年間の定期成長量と期首の相対幹距と収量比数の関係を解析し、相対幹距と収量比数の指標としての良否を比較した。その結果、相対幹距と収量比数の関係は線形回帰でよく近似され、密度管理の基準としては、両者のいずれを用いても問題がないと考えられた。
研究分担関西・経営研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041491
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat