スギ択伐天然林における保続計画技術の検討(543)

スギ択伐天然林における保続計画技術の検討(543)

課題番号1994004930
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題豪雨・急傾斜地域の森林管理技術の高度化
大課題高度に人工林化した地域における林業経営技術の向上
中課題中山間地域における林業経営技術の改善
小課題スギ択伐天然林における保続計画技術の検討(543)
摘要高知営林局魚梁瀬営林署管内の小屋敷山天然更新試験地において、これまでの継続測定資料、天然更新試験の調査資料の取りまとめについて検討した。天然木の位置情報については樹木位置図を更新し、計算機上の座標データとして入力した。また、刈り払い区、掻き起こし区、無処理区における天然更新の成功度を示すゾーニングマップを作成した。とくに成功度が高かったのは、掻き起こし区であった。また、試験地内には1970年以降に発生したと見られる斜面崩壊が3処理区にまたがって見られたが、天然更新の成功度への関わりは特に明確ではなかった。
研究分担四国・経営研林地保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat