常緑広葉樹林のギャップ形成に関与する生物要因と動態予測(552)

常緑広葉樹林のギャップ形成に関与する生物要因と動態予測(552)

課題番号1994004944
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題暖温帯・亜熱帯における森林生態系の特性解明と保全管理技術の向上
中課題常緑広葉樹林の維持機構の解明
小課題常緑広葉樹林のギャップ形成に関与する生物要因と動態予測(552)
摘要宮崎県綾町のリサーチサイトにおける、樹幹内からのカシノナガキクイムシの脱出は6月はじめから生じ8月にピークを迎えたが、11月になっても少ないながら脱出が見られた。坑道当たりの平均脱出数は6.7、全脱出数にしめるオスの割合は0.61だった。樹幹の寄生密度は樹冠に近づくほど減少した。立田山実験林での絹皮病くくりつけ接種の結果、地際直径10mm以上のコジイは接種後約5ヶ月で約12%が枯死した。接種6ヶ月後の苗木に対する絹皮病被害は庇陰条件下で高く、特にコジイで顕著であり野外調査の結果と一致した。
研究分担九州・昆虫研樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041523
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat