火山噴火に伴う降灰が森林生態系に及ぼす影響の解明(565)

火山噴火に伴う降灰が森林生態系に及ぼす影響の解明(565)

課題番号1994004949
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題暖温帯・亜熱帯における森林生態系の特性解明と保全管理技術の向上
中課題環境変動が森林生態系に及ぼす影響の解明と予測
小課題火山噴火に伴う降灰が森林生態系に及ぼす影響の解明(565)
摘要雲仙普賢岳の噴火に伴う降灰が堆積したヒノキ林分と降灰の影響の少ないヒノキ林分を試験地に設定し、火山灰の化学性・物理性、火山灰の移動量、土壌中のCO2ガス濃度、火山灰厚、リターフォール量、降灰分布の調査を行った。火山灰が堆積した林は対照林に比べていづれの時期も高いCO2濃度を示した。火山灰の通気性および透水性は極端に悪かった。火山灰のpHの季節変化およびプロット間に違いが認められた。これは降灰時期の違いに伴う火山灰の化学組成の違いに起因すると考えられた。火山灰層は尾根部および斜面下部の緩傾斜地で厚く、斜面中腹の傾斜面で薄かった。また、土砂受箱による移動量調査によれば、火山灰の移動量は降灰量、降水量と密接に関係していた。
研究分担九州・経営研暖帯研土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat