真菌類の病害の同定、生態の解明及び簡易診断法の開発(587)

真菌類の病害の同定、生態の解明及び簡易診断法の開発(587)

課題番号1994004964
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関生物機能;連調
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題温暖多雨地帯における森林生物の制御技術と利用技術の向上
中課題きのこなど特用林産物の生産技術の向上
小課題真菌類の病害の同定、生態の解明及び簡易診断法の開発(587)
摘要対峙培養においてTrichoderma属菌によるヒラタケ菌ヘの侵害は認められなかったが、菌株によりヒラタケ菌の伸長抑制程度が異なった。シイタケ菌へは侵害および伸長抑制が認められ、T.harzianumの侵害力が最も強かった。T.harzianumを菌床に接種した場合、シイタケ菌と同時接種ではシイタケ菌の伸長は認められなかった。40日後接種では100、10000個/ブロックの接種区で侵害されたが、3個の接種区で子実体が発生し、対照区よりも発生量は多かった。143日後接種ではいずれの接種胞子数でも菌床に変化はなく子実体が発生した。Penicillium属菌によるヒラタケ菌およびシイタケ菌の伸長抑制はほとんど認められなかった。また両害菌ともほとんどエノキタケ菌を侵害しなかった。
研究分担九州・特産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat