ダニ類による病原菌伝播機構の解明(588)

ダニ類による病原菌伝播機構の解明(588)

課題番号1994004965
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H03〜H08
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題温暖多雨地帯における森林生物の制御技術と利用技術の向上
中課題きのこなど特用林産物の生産技術の向上
小課題ダニ類による病原菌伝播機構の解明(588)
摘要菌床栽培のキクラゲ、ブナシメジ、原木栽培のシイタケでダニの発生が報告された。キクラゲでは子実体に赤斑が認められ、ブナシメジでは培地に害菌が発生した。食菌性コナダニ類の一種Histiogaster sp.は、シイタケの菌糸では全く増殖しないことがわかった。そこで増殖できない原因を明らかにするため、卵からシイタケコロニー上で個別飼育し観察した。その結果、シイタケコロニーにダニの卵を接種してから1、2日間で、シイタケの菌糸が卵に大量に付着するため、孵化できないことがわかった。このようなシイタケ菌糸による卵の孵化阻害は、他のコナダニの卵に対しても観察された。
研究分担九州・昆虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041544
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat