高海抜地域における広葉樹類の種子生産と稚樹の発生

高海抜地域における広葉樹類の種子生産と稚樹の発生

課題番号1994004969
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題温暖多雨地帯における森林流域の保全管理と経営管理技術の高度化
中課題森林の施業技術と計画管理技術の高度化
小課題高海抜地域における広葉樹類の種子生産と稚樹の発生
摘要九州中央山地の高海抜地域にはブナ林が広く存在していたが、多くが人工林化された。しかし環境条件の厳しさから成林が危ぶまれる植栽地も多い。このような林分には周辺の天然林から種子の供給があり、混交林となる可能性が高い。また面積の狭まったブナ林の更新がうまくいくかは不明である。このような天然更新を主体とした地域の施業体系を考えるためには、種子生産の年変動と実生の定着にかかわる様々な要因を明らかにしておく必要がある。(年次計画)種子生産量の測定(6〜8年度)、稚樹の動態(7〜8年度)。
研究分担九州・暖帯研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041548
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat