林家の複合作目に関する情報のデータベース化と経営分析(594)

林家の複合作目に関する情報のデータベース化と経営分析(594)

課題番号1994004978
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題暖温帯・亜熱帯地域の森林管理技術の高度化
大課題温暖多雨地帯における森林流域の保全管理と経営管理技術の高度化
中課題複合経営に依拠した地域林業システムの確立
小課題林家の複合作目に関する情報のデータベース化と経営分析(594)
摘要1)国及び県の統計資料等から各種特用林産物の生産量、価格等に関する情報を収集、整理し、データーベース化した。2)新聞等の個別情報ソースから九州地域に関係ある複合作目に関する情報収集を行った。3)九州地域の最も重要な乾シイタケの平成4年の国内生産量はほぼ前年並みの10,036トンであったのに対して輸入量は対前年比で70%も増加(4,799トン)し、国内消費量に占める割合はほぼ3分の1にまで上昇した。しかし、価格はやや持ち直し平成3年の3,845円/kgから4,254円/kgへと上昇した。また、タケノコの生産量は対前年比12%減の99,466トンであった。
研究分担九州・経営研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041557
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat