修復過程における根菌類の役割の解明(843)

修復過程における根菌類の役割の解明(843)

課題番号1994004985
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H03〜H07
年度1994
研究問題海外における森林特性の解明及び環境保全技術、持続的利用技術の開発
大課題海外における森林生態系の特性解明及び環境保全技術の開発
中課題森林生態系における生物相の保全技術の開発
小課題修復過程における根菌類の役割の解明(843)
摘要マレーシア・パソー保護林内で木材腐朽菌相とその発生する基質の直径の関係を調べた。その結果、Earliella scabrosa、Microporus xanthopusなど小径の基質上に発生する傾向が強い種類と、Erythromyces crocicreasなどの大径の基質に発生する傾向が強い種類に分かれることが明らかになった。さらにそれぞれの菌の乾燥耐性を調べた結果、小径の基質に発生する傾向の強い種類は一般に乾燥耐性が強く、大径の基質に発生する傾向の強い種類は一般に乾燥耐性が弱いことがわかった。このことから、こうした菌の生理的特性がその発生する基質のサイズに影響を及ぼしている可能性が示唆された。
研究分担森林生物・腐朽研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat