カエデ等落葉広葉樹の種子の発芽習性(37)

カエデ等落葉広葉樹の種子の発芽習性(37)

課題番号1994005006
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明[1]
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題林木の繁殖特性と生活史特性の解明
小課題カエデ等落葉広葉樹の種子の発芽習性(37)
摘要散布後の種子の動態を、落葉広葉樹林構成樹種であるカエデ属3種について比較した。散布後発芽までの種子の死亡率は、非常に高かった。5年間の平均では、散布健全種子のわずかに7−16%が発芽に成功した。特に、散布後翌年の春までの間に大部分の種子(30−80%)が、主としてネズミによる捕食によって死亡した。イタヤカエデは、1年目の春にほぼすべて発芽したが、オオモミジは1年遅れで2年後の春に発芽する習性を示した。ウリハダカエデは、約半数が1年目にまた残りの大部分が2年目に発芽するという日和見的な発芽パターンを示した。後2者についても、休眠を維持した種子には夏期に菌害等による死亡圧がかかり、結果的に埋土種子密度は大きく低下すると考えられた。
研究分担森林環境・種生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041585
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat