関東地方の主要森林における土壌湿性動物の分類、分布及び群集解析(64)

関東地方の主要森林における土壌湿性動物の分類、分布及び群集解析(64)

課題番号1994005018
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題森林生態系における微生物及び動物の機能の解明[3]
大課題森林動物の分類と生理・生態及び生物間相互作用の解明
中課題昆虫類及び土壌動物の分類と生理及び生態の解明
小課題関東地方の主要森林における土壌湿性動物の分類、分布及び群集解析(64)
摘要関東地方及び周辺山岳地域より得られた陸生クマムシ類について、系統分類学的解析を主に実行した。とくに、ヨロイトゲクマムシ科の未記載種2種についてこれまでほとんど触れられていなかった体表の毛(E1と命名)を標徴として扱い新種として記載した。また、ノドヤマクマムシ属の1種で滴状突起が2つ存在するものを発見しクマムシ形態学上の重要な発見となった。本研究ではHypsibius convergensにきわめて近似した多くの種が記録され、これらの分類学的検討を試みたが、このグループに属する種の多くはタイプ標本が失われ、標徴をめぐって欧米の研究者間にも混乱が見られることがわかり、全世界の種を総合的に検討する必要がある。
研究分担森林生物・昆虫生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat