造林地におけるつる被害の実態と発生機構の解明(369)

造林地におけるつる被害の実態と発生機構の解明(369)

課題番号1994005096
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間止H04〜H05
年度1994
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化[10]
大課題良質材生産技術の改善
中課題良質材生産のための育林技術の改善
小課題造林地におけるつる被害の実態と発生機構の解明(369)
摘要渓畔林試験地の自然撹乱サイトにおけるつる植物の消長を、撹乱以降4年間にわたって調べた。つる植物は13種出現し、うち9種が木本性で、他は草本性であった。うち林冠木にとりつき被害を与えているものは、ツタウルシ、イワガラミ、ツルアジサイ、シラクチヅル、ヤマブドウであった。林冠ギャップ内、土石流堆積地、対照区ともにつる植物の組成には大きな違いはなくかった。観察を行った4年間の間に、閉鎖林冠下では構成する各つる植物の優占度に変化はみられなかったが、土石流堆積地ではツルアジサイの優占度がました。本課題は担当者の転出にともない中止する。
研究分担東北・育林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat