水保全機能の評価モデルの開発(459)

水保全機能の評価モデルの開発(459)

課題番号1994005124
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題風致林及び都市近郊林の育成・管理技術の高度化[12]
大課題都市近効林の防災的管理技術の向上
中課題温暖少雨地帯における森林の水保全機能の評価手法の開発
小課題水保全機能の評価モデルの開発(459)
摘要京都営林署管内の北谷国有林の落葉広葉樹二次林において、水文素過程と水収支の実態を明らかにすることにより、広葉樹林の水保全機能の評価手法を検討した。この流域の水収支は蒸発散量が45.8%で、流出量が54.2%であった。流出量に占める直接流出量の割合は約25%で、基底流出量は約75%であることから、流域は保水性が高いことがわかった。また、蒸発散に占める遮断蒸発の割合は約30%で、残りの約70%が蒸散であった。これらの水収支特性を踏まえて、直列4段型のタンクモデルで流出量の再現を行った結果、相対誤差11.3%で予測することができた。
研究分担関西・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat