リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(688)

リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(688)

課題番号1994005195
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化[6]
大課題木材の化学加工技術の開発
中課題木質系機能材料の開発
小課題リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(688)
摘要リグノセルロースから生分解性プラスチックの開発を目的とした。LiCl/DMAc法で調整したリグノセルロースフィルムのセルラーゼ分解性は、LiCl/DMAcで溶解する前のリグノセルロース繊維よりLiCl/DMAcから再生したリグノセルロースフィルムの方が高い分解性を示した。蒸煮爆砕で成分分離したリグノセルロースをベンジル化するとTHFに約89%溶解するベンジル化リグノセルロースが得られた。これをキャスト法で製膜したフィルムは既存のセルロース系フィルムと同等の強度を有していた。ベンジル化リグノセルロースの熱圧によってもシートの成形ができた。ベンジル化反応の不均一性の改善と反応効率の向上の為には反応装置の改良の必要性が認められた。
研究分担木材化工・機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041774
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat