生殖器官の発達に関連した遺伝子群の探索(756)

生殖器官の発達に関連した遺伝子群の探索(756)

課題番号1994005217
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発[8]
大課題林木の生理機能及び遺伝子発現調節機構の解明
中課題林木の遺伝子の構造解析と発現調節機構の解明
小課題生殖器官の発達に関連した遺伝子群の探索(756)
摘要林木の生殖器官に特異的に発現する遺伝子群の探索を目的として、ヒト雄性決定因子SRYが哺乳類ばかりでなく、雌雄異株の高等植物にも存在するのか調べた。PCR法により増幅したバッコヤナギ由来のSRYに類似したDNA断片をクローニングし、塩基配列を決定、ゲノミックサザンにより植物由来か検討した。その結果、4種類のクローン(SB10、SB12、SB17、SB18)を選抜したが、それらの塩基配列は全て異なり、ヒトSRYに対する相同性(約45−65%)も様々であった。ゲノミックサザンの結果では、SB10をプローブとした場合、雌雄間の差異は全く検出されなかったが、SB12、SB17やSB18を用いると、RFLPやコピー数の差異が雌雄間で検出された。SB12は雄花や雄ずいで特異的に発現していた。
研究分担生物機能・遺発研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041796
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat