ササを利用した食用きのこの栽培(768)

ササを利用した食用きのこの栽培(768)

課題番号1994005221
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発[8]
大課題きのこの生物機能及び遺伝資源の高度利用技術の開発
中課題きのこ類の分類と生理・生態の解明による高度生産技術の開発
小課題ササを利用した食用きのこの栽培(768)
摘要ササを分解して生育するきのこの菌株(ヒラタケ16株、キヌガサタケ3株、ニオウシメジ4株)を収集した。ササチップを水に1昼夜浸漬した後、850ccのPP瓶に詰め、ニオウシメジ(神奈川県産1系統、沖縄県産2系統)を接種し、25℃で培養した。菌糸が培養基全体に伸長した段階で、鹿沼土(水に1昼夜浸漬)を覆土し、25℃に保った。また同様にして、大型のビニール袋にササチップ培養基を5■詰め、同様に培養を行った。850ccのPP瓶では、培養後20日で培養基全体に菌糸が伸長し、覆土後2週間で子実体発生が見られたが、健全な形には成長しなかった。5■詰めビニール袋では、培養後60日で培養基全体に菌糸が伸長し、覆土したが子実体発生は見られなかった。
研究分担生物機能・きのこ生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041800
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat