細胞の成長に伴う細胞壁構成成分の分解と生合成プロセスの解明(793)

細胞の成長に伴う細胞壁構成成分の分解と生合成プロセスの解明(793)

課題番号1994005225
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発[8]
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題木本植物細胞の伸長・分化機構の解明
小課題細胞の成長に伴う細胞壁構成成分の分解と生合成プロセスの解明(793)
摘要スギ形成層組織の細胞壁多糖類を分析することにより、針葉樹の一次壁がホモガラクツロナン、ラムノガラクツロナン、アラビノガラクタン、キシランおよびセルロースから構成されることを明らかにした。これらの多糖類のうち、ラムノガラクツロナンについて、構成糖分析、メチル化分析、部分加水分解、リチウムによる還元分解等の手法を用いて構造解析したところ、ラムノガラクツロナンI(RG−I)およびII(RG−II)を含むことが示された。詳細な構造解析の結果、RG−Iの主鎖構造は、→2)−α−D−Rhap−(1→4)−α−D−GalpA−(1→、でありラムノース残基の半数2位にアラビノースとガラクトース残基から成る側鎖が結合していることが示された。また、RG−IIは10以上の構成糖からなる複雑な構造を有していた。
研究分担生物機能・生化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041804
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat