カンキツの単為結果性と成長調節物質との関係解明(7)

カンキツの単為結果性と成長調節物質との関係解明(7)

課題番号1994001201
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の育種素材の探索と作出
小課題カンキツの単為結果性と成長調節物質との関係解明(7)
摘要‘バレンシアオレンジ’果実の生長速度が高い秋期の果実を部分(果芯、種子、果肉、アルベド、フラベド)に分けてABAとIBAを分析した。果肉と種子の重さは急激に増加したが、アルベドとフラベドの重さはゆるやかに増加した。150DAB(開花盛期後の日数)に、種子のABA濃度は大きなピーク(21nmol/g生重量)を示したが、果肉は小さなピークであった。種子中のIAA濃度は150DABまで減少したが、他の分析した部分よりも高い濃度であった。果芯部のIAA濃度は119DABにピークを示し、果肉・アルベド・フラベドよりも高い濃度を保った。アルベド、フラベドは同程度の低いIAA濃度であった。
研究分担口之津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041823
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat