ナシ黒星病抵抗性育種に関する研究(10)

ナシ黒星病抵抗性育種に関する研究(10)

課題番号1994001207
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関長崎果試
研究期間継S63〜H09
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の遺伝様式の解明
小課題ナシ黒星病抵抗性育種に関する研究(10)
摘要‘豊水’、‘長十郎’、‘バートレット’の自殖後代、‘ラ・フランス’と‘バートレット’の後代に黒星病菌を接種したところ、‘豊水’と‘長十郎’の自殖後代ではすべて発病したのに対し、‘バートレット’、‘ラ・フランス’と‘バートレット’の後代ではすべて発病しなかった。‘長十郎’に、‘豊水’と‘ラ・フランス’の種間雑種個体を戻し交雑した後代では抵抗性の分離がみられ、戻し交雑第一代の各家系における、病徴の認められない型の抵抗性個体の出現率は0.37ないし0.68であった。病徴の認められない抵抗性個体と病斑形成の認められた個体の分離比を1:1と仮定した場合、ほとんどの家系で有意な偏りはみられなかった。
研究分担育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041829
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat