カキ諸形質の遺伝様式の解明(17)

カキ諸形質の遺伝様式の解明(17)

課題番号1994001214
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S60〜H06
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の遺伝様式の解明
小課題カキ諸形質の遺伝様式の解明(17)
摘要5年度は可容性固形物含量の遺伝様式を検討した。子の組合せ平均値を従属変数、平均親値を独立変数として回帰分析を行うとともに、個々の子個体のデータについて一元配置の分散分析を行うことにより、全分散を組合せ間分散と組合せ内分散に分割した。回帰分散分析の結果、組合せ間分散は全分散の7%であり、きわめて小さかった。子個体間分散の大部分は組合せ内分散であり、組合せ内遺伝分散は1.632と推定された。様々な選抜基準を設定して、遺伝子型値としてそれを越える個体の出現率を算出したところ、平均親値17%では17%以上の個体の出現率は77%であり、19%では20%程度出現すると考えられた。
研究分担安芸津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat