リンゴ第4回系統適応性検定試験(36)

リンゴ第4回系統適応性検定試験(36)

課題番号1994001234
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H10
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の系統適応性・特性検定試験
小課題リンゴ第4回系統適応性検定試験(36)
摘要わが国のリンゴ栽培においては中生に優良主力品種を欠き、品種構成上大きな問題となっている。このため第4次育種試験では品質、貯蔵性、栽培性に優れる品種の育成を目的に試験を実施している。選抜されたリンゴ盛岡50号〜52号については元年度から、盛岡53号〜57号については3年度から第4回系統適応性検定試験を開始した。盛岡50号は10月上旬に熟す着色良好な系統である。盛岡51号は9月下旬に熟し、収穫前落果が多い特性を有する。盛岡52号は10月中旬に熟す肉質、食味の良い黄リンゴである。盛岡53、54、56号は10月下旬、盛岡55号は9月上中旬、盛岡57号は10月中旬に熟す系統である。8系統すべてについて試験を継続した。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041856
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat