ブドウ第7回系統適応性検定試験(46)

ブドウ第7回系統適応性検定試験(46)

課題番号1994001243
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H10
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の系統適応性・特性検定試験
小課題ブドウ第7回系統適応性検定試験(46)
摘要醸造用ブドウの優良品種を育成するため、山梨県果樹試験場(指定試験)で育成された白ワイン用の7系統(山梨29〜34号、37号)の樹性、果実特性、生産性、酒質の評価を行うとともに、地域適応性を明らかにする目的で実施している試験である。5年度は枝葉の形態調査を行った。各系統の幼木について、どん梢の先端の色・毛じ、熟梢の色、成葉の葉形、列片数、葉柄裂刻の形状、上裂刻の形、葉柄の色、葉の毛じの多少などの形質をそれぞれの原木と比較したところ、差異は認められず系統の間違いのないことが明らかとなった。
研究分担安芸津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041865
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat