サクラ属有用系統の保存(77)

サクラ属有用系統の保存(77)

課題番号1994001274
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S22〜H99
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の保存と保存法の確立
小課題サクラ属有用系統の保存(77)
摘要5年度は岡山県山地に自生するモモ在来種11系統、宮崎県県の山地に自生するウメ在来種12系統を収集した。これらについては現在苗木の増殖を図っているところである。また、アンズ品種の一部を九州農試に移管した。この結果核果類の保存品種数は5年度末でモモ358、スモモ214、アンズ112、ウメ46、その他16の計746である。保存中のアンズ、モモの一部に衰弱がみられたため、補植用苗木育成を行った。
研究分担育種・育種3研業務
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041896
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat