カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明(82)

カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明(82)

課題番号1994001279
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の保存と保存法の確立
小課題カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明(82)
摘要多様な遺伝資源は、育種素材としてばかりでなく、各種の研究に貢献するものであるが、その維持に要する労力、経費も大きい。培養系での保存を併用して遺伝資源管理の省力性と安全性が期待されているため、培地にSTS剤を添加することによる培養苗条の保存性について検討を試みた。ラングプールライムの培養苗条を用いて、STSの効果を予備検定した結果、25℃の培養温度では、0.01%のSTS剤の添加により1年後の生存率が対照区よりやや高い傾向が見られた。この添加により生育がややコンパクトになり、生存苗条を切り取って継代培養した場合の再増殖率も対照区より高く、1か月の培養で6〜10の苗条を得た。
研究分担興津・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030041901
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat